お金借りる至急 web窓ロ

お金借りる至急 web窓ロ

お金借りる至急web窓ロでは、至急でお金を借りる必要がある方に向けて、必要な情報に絞ってご紹介しています。

1時間以内に借り入れ可能
店舗に行かずスマホだけで借入完了
家族に秘密に出来る
カードレス可
振り込み融資OK
コンビニで借り入れ可能

 

上記すべての条件をクリアしているおすすめのカードローンは以下の2社になります。

 

どの会社を選んでいただいても、先の条件はクリアしているので安心してご利用いただけます。2社の中で選ぶ基準についても解説します。

 

SMBCモビット

SMBCモビット最大のメリットは、家族にばれないだけではなく、職場にも知られるリスクがない点です。

 

理由は、モビットのみ「在籍確認の電話をしない」からです。

他社のカードローンはすべて、会社に電話をかけて在籍を確認します。一応、個人名を名乗ってくれるので、例えばアコムなどと知られることはないのですが、職場環境によっては、個人から電話が来ること自体「悪目立ち」する方も多いのではないでしょうか。

 

ですから、サラリーマンや公務員の方に特におすすめと言えます。

 

 

▶モビットWEB完結申込みページ

 

ただし、国民健康保険証の方はweb申込不可のため、個人事業主やアルバイトの方などは、以下の2社から選ぶと良いでしょう。

 

 

プロミス

プロミスは最大金利が上記2社より0.2%低い「17.8%」なのが特徴です。無利息期間は30日ですが、最大金利が低い分、長期で利用する場合メリットが出てきます。

 

先ほどは、ボーナスで返済できる方の例を出しましたが、逆にすぐに一括返済できる見込みがない方にとっては、プロミスがお得になるかもしれません。

 

また、三井住友銀行の口座を持っている方は、ATMから借りる際の手数料無料などの特典があるので、更にお勧めとなります。

 

▶プロミスWEB完結申込みページ

 

特に急いでいる方へ

今このサイトを読んでいる方は、本当に数分単位で急いでお金が必要な方も多いかと思います。

 

ですから、上記3社から選んだ場合のタイムスケジュールに関しても少し触れておきます。

 

基本的に上記どのカードローンを選んでもお金を手にするまでの時間はほとんど変わりません。

 

どの会社も審査時間は30分程度です。

 

web申込をしてから、お金を受け取るまでのトータルの時間で最短60分くらいですね。

 

受け取り方法としては、自分が指定した口座に振り込んでもらうか、コンビニやATMで引き出すことが出来ます。

 

2社ともカードレス契約可能ですから、郵送物もありませんし、カードを受け取りに行く必要もありません。

 

コンビニでお金を引き出す場合はスマホにアプリを入れるだけでOKです。

 

急いでいる方が必要な準備としては、スマホやPCで申込む際に添付する書類を写メっておくことです。

・免許証などの身分証(パスポートやマイナンバーカード等でも可)
・健康保険証
・50万を超える額を借りる場合は収入証明

 

これらが準備されていれば、更に早く借り入れが終わります。

 

web申込の場合は、店舗で人に会う必要もなければ電話で話す必要すらないので、本当に簡単でノーストレスで借りられます。

 

審査が通るか心配ですという方へ

上記カードローンが、簡単に借りられて便利なのはご理解いただけたと思います。

 

ただし、一つ心配がある方も多いのではないでしょうか。

 

それは「審査に通るのか」という点です。

 

審査に関してよく聞く間違ったうわさがあります。それは「どこが審査がゆるいのか」という話です。

 

実際には審査がゆるいカードローンなどありませんし、どこで申込んでも結果は同じです。

 

皆さんが勘違いしている審査が通りやすいとのうわさの出元は、家を借りるときなどの「保証会社」の審査と勘違いしているのだと思います。

 

保証会社の審査については、カードローンのように法律(貸金業法)で定められていないため、自由裁量なのです。

 

そのため、審査が厳しい保証会社もあれば、ゆるい会社もあります。

 

そのため、カードローンの審査も同じように差があると勘違いしてしまうのです。

 

ですから、上記2社で審査がゆるい会社はないというのが結論になります。

 

ただし、各社ほぼ同じ基準で選んでいるがゆえに、「審査を通りやすくする申し込み方法」は存在します。

 

それは
・初回申し込みの額を50万以下にすること
・申し込みに誤字脱字をしないこと

 

この2つが重要です。

 

特に、初回の希望金額は、出来る限り低くしておくと審査には通りやすくなります。

 

申し込みが50万を超えると所得証明が必要になるので、そういった意味でもそれ以下にしておくと良いでしょう。

 

ちなみに、50万以下で申込んでも、良好な顧客だと判断されれば、最初から大きな枠をもらえることが多いです。

 

ですから、あえて自分から大きな枠を申し込む必要はありません。

 

また、他社に借り入れがすでにある方は、その借入額をどうにかして(瞬間的にでも)減らした際に申し込むと通りやすくなります。

 

なお、審査に落ちた場合、続けて申し込むと更に良くない状況(申込ブラック)に登録されるので、諦めて3か月後に再度チャレンジしましょう。

 

再チャレンジする際は、カードローンの会社を変えておく方が無難です。

 

これは審査基準は同じでも、申し込みに落ちた履歴が、前回申込みした会社にのみ残っているからです。

 

他社に関しては数か月で消えます。

 

その他の借り入れ方法について

上記でご紹介した2社は、「とにかく急いで借りたい」という方にとって最も簡単で、オススメな会社です。

 

どこを選んでも、カードレスでweb完結できるので、申し込みはスマホだけでOKですし、紙の契約書もなければ、明細もwebですから、郵送物も一切ありません。

 

当然誰かに借り入れを知られるリスクもないです。

 

お金の受け取り方も、自分の口座に振り込んでもらう事も出来ますし、アプリを使ってコンビニ等で引き出しも可能なので、結局誰とも会わずに、誰とも話さずにお金を借りられます

 

実際に申込みしてもらえば「こんなに簡単なんだ」とビックリすると思います。

 

ただし、このサイトを読んでいただいている方の中には、既に他社の借り入れが複数ある方とか、安定した収入が無い方なども居るでしょう。

 

そういった方は審査に落ちてしまうかもしれません。

 

消費者金融からの借り入れが無理な方や、その他の方法を探した方については、是非以下をお読みください。

 

お金を借りる至急(その他の方法)

 

緊急小口資金など、公的サービスもありますから検討してみるのも良いでしょう。